「もうギリギリ」 対面授業に踏み切った大学 背中を押したもの

有料記事新型コロナウイルス

阿部峻介
[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で、大学が次々と休校に追い込まれてから3年目を迎えた。オンラインの併用で授業を再開させるところが多いなか、原則「対面のみ」に踏み切った大学がある。大学院生を含め、2万5千人の学生を抱える関西(かんせい)学院大(兵庫県)。昨年度までは、オンライン重視の大学だった。

 混乱の始まりは2020年2月。都市部を中心に感染が広がりを見せつつある時期で、関学では卒業式が中止になった。

 「大学としてやれたことは、卒業証書の郵送だけでした」

 コロナ対策を仕切る大野健一郎・学長室課長は自らも印刷業者に出向いて、証書の箱詰めを手伝った。

半日で在庫はなくなった

 4月7日に政府が緊急事態宣言を出したことで、20年度も休校は続いた。早くオンライン授業ができる態勢を整えなければ、大学は立ちゆかない。とはいえ、学生がみなパソコンや通信機器を持っているわけではない。

 機材の調達は競争だった。どこの大学も事情は同じ。貸出業者に聞くと、「在庫ができても半日でなくなる状態」という。大野さんらはスピード重視の異例の手続きをとり、学生アンケートを踏まえて750台のノートパソコンと2千台のWi-Fiルーターを確保。21日からオンライン授業を始めた。

「病んでしまいそう」 深夜に父親が迎えに来た

 当初はトラブル続きだった。

 一度に大人数の学生が回線に…

この記事は有料記事です。残り2334文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
  • commentatorHeader
    市田隆
    (朝日新聞編集委員=調査報道、経済犯罪)
    2022年6月15日11時9分 投稿
    【視点】

    私は昨年度までの2年間、東京都内の私立大学でジャーナリズム関連の講義を受け持った。受講生は多くても約20人の小規模クラス。1年目はすべてオンライン、2年目は選択制になって対面授業を選んだ。オンライン授業では、熱心な学生ばかりでコミュニケーシ

  • commentatorHeader
    小熊英二
    (歴史社会学者)
    2022年6月10日11時12分 投稿
    【視点】

    オンライン教育は対面と異なるやり方をとれば、教育効果がむしろ高いこともある。 私の経験では、受講生が多い大規模講義の場合は、双方向性を重視すれば、対面よりオンラインのほうがよい側面もあった。 私はコロナ前は、受講生が200人を超

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]