第85回ロシア領になっても故郷に戻るのか 「帰る理由ない、でも墓がある」

有料会員記事ウクライナ情勢

リビウ=疋田多揚
[PR]

 故郷がロシア軍に支配されても、自宅に戻るべきか。ロシアが進軍するウクライナ東部から逃れてきた避難者は、切実な問いを抱える。自宅が無事かもわからないまま、祈る気持ちで戦況をみつめている。

父は第2次大戦をソ連兵として戦った

 エレオノーラ・ハブラクさん(83)が、東部ドネツク州スラビャンスクを脱出したのは4月11日。ロシア軍は侵攻目標をウクライナ東部の制圧に切り替え、市街地への爆撃を繰り返していた。

 一人暮らしのハブラクさんの5階建てアパートの敷地には、砲撃で5カ所、穴が開いた。地下室に乾パンとペットボトルの水を持ち込んで過ごして1週間。娘がかつて通った学校まで破壊され、逃げ時だと悟った。90世帯あったアパート住民のうち、残っていたのは4世帯だけだった。

 ハブラクさんは、この街で生まれ育った。父は第2次世界大戦をソ連兵として戦い、ナチスドイツに包囲されたレニングラード(現サンクトペテルブルク)で1942年1月に戦死した。

 東部にはロシア語話者が多く、ハブラクさんの母語はロシア語だ。ウクライナ語は、かつて学校で習った程度に過ぎない。だが、「ソ連に郷愁なんてない。貧しく、自由もなかった。唯一よかったのは、アパートを無償で割り当ててくれたことだけ」。

 18歳になってからは、この街の病院で60年間、看護師として働いた。その間、ウクライナは独立を遂げた。その病院は今、ロシアに破壊された。

奪われた故郷のすべて 「戻る理由があるとすれば」

 スラビャンスク市が侵攻され…

この記事は有料会員記事です。残り748文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載ウクライナ危機 市民は今(全120回)

この連載の一覧を見る