犬の証明書偽造疑い、ブリーダー逮捕 マイクロチップ「自ら埋めた」

有料会員記事

[PR]

 犬を輸出する際に偽造した証明書を提出したとして、大阪府警は7日、大阪府泉佐野市東羽倉崎町のブリーダー、井原渉容疑者(50)を偽造有印私文書行使の疑いで逮捕し、発表した。犬に埋め込んだマイクロチップが検疫で読み取れなかったことを機に、偽造が発覚したという。

 井原容疑者は「100回以上偽造した」と供述。獣医師らが行うべきチップ装着について「自分で埋め込んだ」と供述したという。

 生活環境課によると、井原容疑者は昨年6月15日、農林水産省動物検疫所の関西空港支所で、シバイヌ2匹を輸出する際に、偽造した健康診断証明書2通を家畜防疫官に提出した疑いがある。2匹はチップ装着が義務づけられているブルガリアに輸出された。

 証明書には獣医師の印が押さ…

この記事は有料会員記事です。残り660文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら