英ジョンソン氏への不信任票4割、身内から「首相の座は維持不可能」

有料会員記事

ロンドン=金成隆一
[PR]

 英国のジョンソン首相が6日、首相官邸でのパーティー問題を発端に行われた与党・保守党の信任投票で過半数の信任を得て、党首と首相の続投が決まった。だが身内からの不信任票が4割を超え、求心力の低下は鮮明だ。政権運営の難航は避けられず、辞任を求める声も、なおくすぶっている。

 投票には党所属の全下院議員359人が参加し、211人が信任票を、148人が不信任票を投じた。

 ジョンソン氏は6日夜、「政治と国家にとって、とてもよい結果だ」「政府として、国民にとって本当に重要な課題に専念できる」などと記者団に述べた。

■タイムズ紙「党内の分裂はさ…

この記事は有料会員記事です。残り1567文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら