• アピタル

気分悪くなったら「電車内でもマスク外して」 専門家語る熱中症予防

有料記事

聞き手・岡野翔
[PR]

 暑さが増し、日差しも厳しくなってきました。熱中症に詳しい兵庫医科大(兵庫県西宮市)の服部益治(ますじ)・特別招聘(しょうへい)教授に、身を守るための注意点や対策を尋ねました。

いま、もっとも熱中症にかかりやすい

――熱中症や熱中症の疑いで救急搬送されるケースが目立ってきました。

 熱中症は「熱」に「中(あた)る」という意味で、食べ物にあたる「食中毒」と似た言葉です。人間の体は生命を維持するため、上がった体温を汗を出すことで調整するようにできています。ただ、汗をかきすぎると脱水症になって熱を十分に放出できなくなり、熱中症の危険が高まってしまいます。

 体の中で水分をためているところは主に筋肉です。でも、コロナ禍の2年余り、外出自粛などの影響で一般の人たちの多くは運動する機会が減り、筋肉量が落ちたと思います。すると、水分の「貯蔵庫」もおのずと小さくなり、ちょっと汗をかいただけでも脱水状態に陥るようになってしまっています。汗腺の働きも鈍くなっていることでしょう。

 ですから、いきなりコロナ禍前と同じレベルで運動することはとても危ないのです。今の時期はただでさえ体が暑さに慣れておらず、最も熱中症にかかりやすくなっていると言えます。

どうすれば? カギは「1日3食」

――では、どうすればよいのでしょう。

 「リハビリ」が必要です。気…

この記事は有料記事です。残り1062文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!