検疫方法変えたら陽性者激減 インバウンドとリスク管理両立するには

有料記事新型コロナウイルス

高橋豪 西村宏治=シンガポール 益田暢子 市野塊
[PR]

 訪日外国人客インバウンド)の受け入れが10日から再開される。冷え込んだ観光需要や消費の盛り上がりに期待が集まる一方、本格的な回復へのハードルは高い。

「日本ならどこでも」 円安も追い風

 コロナ禍前に年間200万人以上が日本を訪れていた香港。大手旅行会社EGLツアーズは、先月26日に岸田文雄首相がインバウンドの受け入れ再開を表明したニュースを見て、すぐに少人数の訪日ツアーの販売を始めた。

 富山県長野県を結ぶ立山黒部アルペンルート富士山などを6泊で巡るツアーは約60万円。添乗員のコストもかかるため以前より割高だが、売れ行きは好調という。早ければ今月22日到着のツアーから始められると見込む。袁文英社長は「日本観光への注目は高い。もう2年以上日本に行けず、がまんできないという人はいる」と強調する。

 袁社長によると、コロナ禍を…

この記事は有料記事です。残り1779文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

春トク_2カ月間無料
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[もっと見る]