DMG森精機、ロシアから撤退 270人解雇、日系大手メーカーで初

有料会員記事

奈良部健
[PR]

 ロシアによるウクライナ侵攻を受け、工作機械大手のDMG森精機はロシア事業から撤退した。ロシア西部ウリヤノフスクの組み立て工場を閉じ、従業員約200人を解雇した。モスクワにある販売・サービス拠点の約70人も解雇した。ロシアからの完全撤退が明らかになるのは、日系大手メーカーで初めて。

 森雅彦社長が8日、朝日新聞のインタビューで明らかにした。工作機械は兵器生産に転用される恐れもあるため、国際的に厳しい規制や輸出管理の対象になっている。森社長は「日本やドイツ、米国など各国政府の意向通りにしないといけない。平和を願うしかないが、一企業としてはルールに従うしかない」と語った。

 ロシアでの2021年度の売上高は約80億円で全体の2%程度。同社広報は「影響は軽微となる見込み」としている。

 ウクライナ侵攻の影響による…

この記事は有料会員記事です。残り469文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら