列車とシカの衝突最多 「熊キャッチャー」も導入 JR北海道

有料会員記事

新田哲史
[PR]

 JR北海道の列車とシカが衝突した事故が、2021年度に2632件(前年比219件増)あり、JR発足以降、最多となった。ヒグマを発見したり、衝突したりした案件も計68件(同12件増)で過去最多だった。JRは死骸の除去に頭を悩ませており、「熊キャッチャー」なる道具も導入した。

 JRによると、シカとの衝突は00年代初めまでは800件未満で推移していたが、04年度には1千件を突破し、12年度には2377件に増えた。その後、減少していたが、20年度は再び増えて2413件と過去最多を更新していた。

 21年度の路線別では宗谷線(旭川―稚内)が462件と最も多く、花咲線(釧路―根室)が415件、釧網線(東釧路―網走)が323件と続いた。山間部を多く走る道東や道北の路線が目立つが、ほとんどの路線が増加傾向にある。

 ヒグマの発見・衝突案件も…

この記事は有料会員記事です。残り590文字有料会員になると続きをお読みいただけます。