第87回キーウ守るため沈んだ村 都心への最短ルート上、ロシア軍阻んだ水

有料記事ウクライナ情勢

デミディフ=高野裕介
[PR]

 多くの市民が犠牲になったウクライナの首都キーウ(キエフ)近郊で、意外な方法でロシア軍の進軍を阻んだ村がある。北方から都心への最短ルートにありながら、いかにロシア軍を食い止めたのか。現地を訪ねると、その痕跡が残っていた。

【動画】洪水がロシア軍の進軍防ぐ 「これが我が家の海です」 キーウ近郊の村=諫山卓弥撮影

 「これが我が家の『海』です」

 キーウ中心部から北に30キロあまりのデミディフ。5月中旬、スベトラーナ・ネムチェンコさん(53)が、幹線道路に面した自宅の裏庭を案内してくれた。

 これまでハーブやタマネギを作っていた畑だが、今は見渡す限りの水面が広がり、さながら「海」のようだった。水深は2メートル以上あるといい、電柱や木々が水につかる。傍らには釣りざおとゴムボートも置かれ、「うちの犬も喜んで泳ぎますよ」と笑った。

 広がる水面の原因は、街を流れるイルピン川からあふれ出した水だ。

 ロシア軍は2月24日に侵攻…

この記事は有料記事です。残り1108文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

連載ウクライナ危機 市民は今(全150回)

この連載の一覧を見る