「ママごめんね」5歳児餓死事件 被告の母親に残した最期の言葉

有料会員記事

[PR]

 福岡県篠栗町で2020年4月、三男の翔士郎ちゃん(当時5)を餓死させたとして、保護責任者遺棄致死の罪に問われた母親の碇(いかり)利恵被告(40)の裁判員裁判が9日、福岡地裁であった。(中山直樹)

 この日は被告人質問があり、翔士郎ちゃんが亡くなる直前の様子が明かされた。

 起訴状などによると、碇被告と3人の子どもは「ママ友」の赤堀恵美子被告(49)=同罪などで起訴=から生活を支配されていたとされる。翔士郎ちゃんは、十数日間にわたって食事を抜かれることもあった。

 碇被告によると、亡くなる約1カ月前から、翔士郎ちゃんの体調が悪くなった。「頭がキンキン、ガンガンする」と碇被告に訴えたりふらついたりすることが増えた。

 死亡した4月18日夕方、翔…

この記事は有料会員記事です。残り910文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら