76人に1人がひきこもり 働き盛りの世代にも 江戸川区が独自調査

有料会員記事東京インサイド

高橋淳
[PR]

 住民の少なくとも76人に1人がひきこもり状態で、30~50代の働き盛り世代に多い――。人口約70万人の東京都江戸川区が区民を調べると、そんな実態が浮かび上がった。自治体の大規模調査は珍しく、区は「当事者の顔が見えてきた」として支援策に乗り出す。

 区は昨年7月から今年2月にかけて、15歳以上の区民のうち無職だったり、福祉の行政サービスを受けていなかったりする人がいる18万世帯にアンケートを郵送。区職員が対象世帯を訪問して回収を進め、約10万3千世帯(57・2%)の回答を得た。8日、結果を公表した。

 調査ではひきこもりについて「仕事や学校などに行かず、家族以外の人との交流をほとんどしない方」と位置づけた。その結果、区内に少なくとも7919人いると判明した。調査前から区が支援している人や区教育委員会が把握する不登校の子どもなど計1113人と合わせると、区民の76人に1人がひきこもりの状態とわかった。

 世代別では40代が1196…

この記事は有料会員記事です。残り658文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    奥山晶二郎
    (サムライトCCO=メディア)
    2022年6月13日12時12分 投稿
    【視点】

    漠然としたイメージにとらわれず「ひきこもり」の実態に向き合うため、このような形で実数がわかることはとても大事な一歩だと思いました。 次に期待したいのは内容の精査です。 価値観が多様化する時代。「ひきこもり」という状態に対する受け

東京インサイド

東京インサイド

東京の気になるニュースや街の話題が満載。あなたの「!」「?」に答えます。[記事一覧へ]