映画監督の石井隆さん死去 「天使のはらわた」「GONIN」

 「天使のはらわた」「GONIN」などの人気シリーズを持つ映画監督の石井隆(いしい・たかし、本名石井秀紀〈ひでき〉)さんが5月22日、東京都内の自宅で死去した。75歳だった。がんで闘病していた。葬儀は近親者で営んだ。

 1970年代、名美と村木の悲しい愛を描いた「天使のはらわた」の劇画家として人気を博し、日活ロマンポルノで映画化された「赤い教室」「赤い淫画」「ラブホテル」などでは脚本も担当した。88年に「天使のはらわた 赤い眩暈(めまい)」で監督デビュー。以後「ヌードの夜」「GONIN」などで、性愛と暴力を鮮烈な美学で表現した。