賛否ある新ゴルフツアー開幕 大物参加に「殺人報酬を手にした兄弟」

有料会員記事

ロンドン=遠田寛生
[PR]

 新しいツアーをめぐり、男子プロゴルフ界が分断している。世界中で人気を誇る米男子の「PGAツアー」から、選手が大量流出する可能性もある。

 立ち上げのうわさ段階から批判が出ていた「LIV招待」が9日、ロンドン郊外で開幕した。

 3日間(54ホール)のスコアで順位を競う大会への出場選手は48人。メジャー6勝のフィル・ミケルソン(米)や、元世界ランキング1位のダスティン・ジョンソン(米)ら大物のほか、日本からは谷原秀人、香妻陣一朗、木下稜介の3人が参加した。

 初日は、5アンダーで回ったシャール・シュワーツェル(南アフリカ)が首位に立った。谷原がイーブンパーで11位タイ、香妻と木下は3オーバーで24位タイだった。

 団体戦を含めると、年間8大会を開催する予定の新ツアーへの注目度は高い。

 理由は高額な賞金だ。

 各大会で優勝した個人には400万ドル(約5億3600万円)が贈られる。

 年間優勝選手は1800万ド…

この記事は有料会員記事です。残り795文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら