アキレス腱切れ「定年」覚悟 ボクサーを奮い立たせた紙袋の中身

有料記事

伊藤雅哉
[PR]

 その音を聞いたとき、プロボクサーとしての終わりを悟った。

 パーン。

 はじけるような音だった。

 今年1月3日。加藤寿(ひさし)は正月返上で、所属する埼玉県熊谷市のジムで練習していた。その8日後に、今後の選手生活を左右する大事な試合が迫っていた。

 実戦練習で、攻めてきた相手の動きに合わせ、後ろに下がった瞬間、左足から大きな音が響いた。

 アキレス腱(けん)を断裂すると、周囲にも聞こえるほどの音がするという。

 「一瞬、時が止まったような感じがしました」

 その時点で36歳6カ月。

 国内の規則では、日本ランキングに入っていない選手は、基本的に37歳で「定年」になる。頭部へのダメージが蓄積する競技のため、そこで一つの線を引いているわけだ。

 加藤は20歳でデビューしてから、まだ日本ランキングに入ったことがない。

 8日後の試合は、ランキングを持つ選手、いわゆる「ランカー」が相手だった。

 勝てば、自分が「ランカー」になれる。

 その試合がなくなった。

 「俺はもう、ダメか。このまま引退かな」

 年が明けたばかりで、すぐに入院することもできず、自宅で落ち込んだ。

 翌日、ずっと応援してくれている長谷川誠一(まさかず)さん(51)が訪ねてきてくれた。

 加藤が20代の頃、長谷川さんの3人の子どもにボクシングの手ほどきをした。それ以来、いつも試合会場に駆けつけてくれる。

 長谷川さんが紙袋を差し出した。

 開いた口から、すぐに中身が分かってしまった。

 加藤はボロボロと泣き出した。

 紙袋の中には、オレンジ色の…

この記事は有料記事です。残り1454文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!