厳しい刑務作業「地獄だった」 2度目の服役後に過去と向き合うまで

有料記事

村上友里、田内康介
[PR]

 懲らしめから立ち直りへ――。刑法などの改正では、刑務所の役割が大きく変わるほか、出所後の社会復帰策も充実する。再犯防止に軸足を置いた取り組みが進むことになるが、実効性はあるのか。元受刑者らの声を聞いた。(村上友里、田内康介)

「更生なんて考えたこともなかった」

 2度目の刑務所は北海道の旭川だった。午前8時から午後4時ごろまで、農場でジャガイモやカボチャを育てた。20キロほどの肥料を運び、雪かきもした。背中に負った袋に収穫したトウモロコシを詰める作業は「特に地獄だった」――。

 都内の40代の男性は顔をしかめて語った。

 大学生だった20歳の時、バ…

この記事は有料記事です。残り2102文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。