「著名人の自殺報道、取り上げ方に留意を」 民放連が初めて明文化

有料記事

平賀拓史
[PR]

 自殺の報道を見ることによる悪影響が懸念されていることを受け、民間放送の指針である「放送基準」に、著名人の自殺の取り上げ方に留意するなどの解説が、新たに加えられることになった。放送基準を定めている日本民間放送連盟民放連)が10日、発表した。

 現行基準には「事実の報道であっても、陰惨な場面の細かい表現は避けなければならない」と定める条文がある。この条文に付ける解説の中に、自殺の報道が他の自殺を誘発する危険性に注意を払う必要がある▽自殺を防ぐための支援策や相談先を示すことも有効▽著名人の場合は視聴者への影響が大きいので取り上げ方に留意する――などと求める文章を加える。

 民放連は数年おきに放送基準を見直しており、内容の見直しは2014年以来。改正基準は来年4月に施行される。

 この日に就任会見を開いた民…

この記事は有料記事です。残り233文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!