どうなる?ロシア版「マクドナルド」 12日オープン 新ロゴは不評

有料会員記事ウクライナ情勢

[PR]

 ロシアから撤退した米マクドナルドの後継となる新ハンバーガーチェーン店が12日、オープンする。「ビッグマックはどうなる?」などとロシアメディアやSNSでは盛り上がっているが、名称に先行して公開したロゴには否定的な反応が目立つ。ウクライナ侵攻で多くの外資系企業が撤退する中、ロシア版「マクドナルド」の行方に注目が集まっている。

 同日、営業を始めるのはモスクワの15店。該当の店では準備作業が始まり、ハンバーガーやナゲットの写真とともに「再びあなたと」と書かれたポスターが貼られている。月内には国内約200カ所に広げる計画だという。

 名称はまだ明らかにしていないが、先行してロゴを発表。緑色を背景に、黄色のフライドポテト2本とオレンジ色のハンバーガーで「M」のマークを描く。

 新名称の頭文字に「M」がつ…

この記事は有料会員記事です。残り491文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    前田直人
    (朝日新聞コンテンツ戦略ディレクター)
    2022年6月12日0時59分 投稿
    【視点】

    やはり長年親しんできたマクドナルドのイメージがあると、新しいロゴも受け入れがたいものがあるのかもしれません。デザイン的にこのロゴが悪いとは個人的に感じませんが、あの明るくポップなマクドナルドの「M」に心躍らせた体験があると、がっかりしてしま