第112回どうなる?膠着したセベロドネツクの攻防戦 元自衛隊陸将が解説

有料会員記事ウクライナ情勢

聞き手・牧野愛博
[PR]

 ウクライナ東部ルハンスク州セベロドネツク市を巡り、ロシア軍とウクライナ軍が激しい攻防戦を繰り広げています。陸上自衛隊中部方面総監を務めた山下裕貴・千葉科学大客員教授(元陸将)は来週以降、戦闘が大きな局面を迎える可能性があると指摘します。

 ――まず、なぜセベロドネツク市が激戦の舞台になっているのでしょうか。

 政治と軍事、二つの理由があります。セベロドネツク市は親ロ派勢力が支配を広げるルハンスク州で、ウクライナが仮の州都を置いている場所です。ここを攻略すれば、ロシアは同州を完全に支配したと宣言できるようになります。

 また、セベロドネツク市は、ロシアがほぼ制圧したドネツ川東岸地域のなかにあります。ロシアが同市を攻略すると、ウクライナ軍は今後、ドネツ川を渡河しないと東岸地域に戦力を展開できなくなります。同市は戦略的な要衝とも言えるのです。

早ければ来週から新たな局面へ

 ――同市の攻防戦は5月初めから続いています。戦線が膠着(こうちゃく)しているようですがどうなっていくのでしょうか。

 報道をみると、ロシア軍は5…

この記事は有料会員記事です。残り1479文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載ウクライナ危機の深層(全150回)

この連載の一覧を見る