なくさんとって、神戸のオリックス戦 年々減少…球団に聞いてみた

有料会員記事

室田賢
[PR]

まだまだ勝手に関西遺産

 プロ野球オリックス・バファローズが、かつて本拠を置いた神戸から遠ざかっていく。

 神戸も舞台になった昨秋の日本シリーズは、ファンの思いは離れていないことを示した。

 せめて、神戸での試合だけはなくさんとって。

ファンを一つにした言葉

 昨年11月、SNS上で話題になった言葉がある。

 「#神戸に帰ろう」

 声を上げたのは、プロ野球オリックス・バファローズのファンたち。

 チームは1996年以来のリーグ優勝を果たし、ヤクルトとの日本シリーズに進んでいた。

 敵地での第4戦を終えて、1勝3敗。第5戦を落とせば、終わりだ。

 第6戦の会場は、ほっともっとフィールド神戸(神戸市須磨区、旧グリーンスタジアム神戸)だった。

 新型コロナの影響で日程が繰り下がり、本拠の京セラドーム大阪京セラD)には別イベントが入っていたためだ。

 「神戸に帰ろう」はファンを一つにし、選手たちを鼓舞した。

 第5戦に逆転勝ちし、神戸での第6戦が実現した。延長の末、敗れた。

 「神戸で(日本一を)決めたい気持ちもある」。シリーズ進出決定時、OBでもある中嶋聡監督(53)は言っていた。それだけ特別な場所だった。

 阪急からの球団譲渡を受けたオリックスは、91年に球団名をブレーブスからブルーウェーブに変更。本拠を、当時あった西宮球場兵庫県西宮市)から3年前に完成したグリーンスタジアム神戸に移した。

 95年の阪神・淡路大震災でチームとファン、そしてこの球場との間に強い絆が生まれた。

 この年、チームは「がんばろう神戸」を合言葉にリーグ優勝を遂げた。翌96年には前年に逃した日本一を神戸で決めた。

イチローさんの神戸への思い

 神戸市東灘区の仲東晋さん(78)は歓喜の胴上げの瞬間を球場で見た。

 「ファンも選手も、みんなで…

この記事は有料会員記事です。残り1573文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら