パワハラ被害者の夫が私に「パートのくせに」 上野千鶴子さんは説く

有料会員記事

[PR]

悩みのるつぼ 相談者

 40代女性です。50代の夫は元上司です。5年ほど前に夫がパワハラされてうつになり、一時期出社できなくなりました。その頃から私へのモラハラが始まり、現在も意見が少しでも食い違うと、パートのくせに、稼ぎもしないくせに、人任せのくせに……などに続けて、「偉そうなことを言うな」と罵倒され、自分の存在価値を認めてもらえず、自己評価も下がり、つらいです。

 特に金銭のことを責められますが、自分の稼ぎは学費と将来のために貯金していますし、節約しようなどと言おうものなら罵倒が始まるので、一切の意見を言うことができないという状況です。私の考えたりやったりしたことを全て否定しておいて、人任せだと責められ、心臓がバクバクします。

 夫は近く退社して、夢だった自営を始めるそうです。生活が不安定になるにあたり、応援はするが今後は脅かすことはしないでほしいと言ったところ、今までは保護者の気分だから仕方ない、今後は協力者になるのだから罵倒などするはずがないと言われました。まるで今までの私には存在価値がなかったから罵倒していた、これからは価値があるから罵倒しないと言われているようでもやもやします。結局自分という「人間」の価値は認められないという気持ちのまま暮らしていくしかないのでしょうか。

回答者 社会学者・上野千鶴子さん

 そうですか、元上司と結婚し…

この記事は有料会員記事です。残り1231文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら