五輪より「生活優先」 招致目指す札幌でデモ 高校生もスピーチ

有料会員記事

平岡春人
[PR]

 札幌市が招致を目指す2030年冬季五輪パラリンピックに反対する市民らが12日、同市中心部でデモを開いた。SNSなどでの呼びかけに応じ、約100人が参加した。

 デモは、「札幌五輪不招致推進デモ」と称して開かれた。参加者は「五輪いらない」「生活優先」などとコールしながら、道庁や市役所の前を通り、歓楽街ススキノのニッカウヰスキー看板前まで行進した。

 ニッカウヰスキーの看板前では、8人がスピーチをした。

 ホームレス支援活動をする高…

この記事は有料会員記事です。残り219文字有料会員になると続きをお読みいただけます。