100円ショップや銭湯の閉店相次ぐ 増えるコスト、円安が追い打ち

有料会員記事

佐藤英彬、山下裕志
[PR]

 急激な円安や資源高は中小企業を直撃している。帝国データバンクによると5月の全国の企業倒産件数は517件で、1年ぶりに前年同月より増えた。大半が中小で、資材やガソリンなどの値上がりを受けて、行き詰まるところがめだつ。

 ほかにも、100円ショップや銭湯、クリーニング店といった身近な店が、コスト増を吸収できずに閉店する動きもある。海外で活動する大企業の利益は円安でふくらむが、中小まで恩恵は及びにくい。いまの流れは当面続くとみられ、倒産や廃業で街から企業や店が消えていきそうだ。

 帝国データによると、8日に出した5月の倒産集計では、件数が前年同月を12・1%上回った。前年同月比での増加は2021年5月以来だ。緊急事態宣言で法的整理が滞留した一時的な要因を除くと、実質的には20年7月以来1年10カ月ぶりの前年同月比増になるという。政府の支援策などで倒産は抑制されていたが、「潮目の変化が訪れようとしている」という。

 背景には大企業が商品やサー…

この記事は有料会員記事です。残り787文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    田幸香純
    (朝日新聞記者=小売り、外食、食品)
    2022年6月14日10時9分 投稿
    【視点】

    銭湯や、店舗に洗濯機能があるクリーニング店は家族経営が多いと聞ききます。いずれの店舗数も長らく右肩下がりで、銭湯は1968年のピークから約10分の1になり、クリーニング店もこの20年でみると半減しています。もともとの後継者難や高齢化が背景に