もうすぐ父の日、バラを贈ろう 品種名「アマダ」に込められた意味は

[PR]

 6月19日の「父の日」を前に、福岡市のバラ生産者から高島宗一郎市長へ、約30本のバラの花束が贈られた。毎年の恒例行事で、今年で32回目になる。

 福岡県は全国有数のバラ生産地。中でも福岡市元岡地区は年間150万本を生産するが、コロナ禍で苦境が続いた。父の日の需要に期待がかかる。

 贈られた品種「アマダ」の意味は、スペイン語で「愛する人」。まだ母の日のカーネーションほど定着していないが、普段言えない思いを伝えてみては。