韓国、日本との軍事情報協定「早期正常化したい」 前政権で破棄通告

有料記事

鈴木拓也=ソウル、西村圭史
[PR]

 訪米中の韓国の朴振(パクチン)外相は13日、ワシントンでブリンケン米国務長官と会談した後の共同記者会見で、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について「韓日関係の改善とともに、できるだけ早期に正常化したい」と述べた。韓国の尹錫悦(ユンソンニョル)政権は、日韓関係の悪化に伴い北朝鮮ミサイル発射などに対する情報共有が不十分な状況を憂慮しており、早期の改善を日本側に求めていく方針だ。

 朴氏は会見で、北朝鮮がミサイル発射を繰り返し、7回目の核実験も「準備を完了し、政治判断だけが残っている状況」と強調。「北朝鮮の脅威に対処するためには韓国と日本、米国との間で政策協調と情報共有が必要だ」と述べ、日本とのGSOMIAが早期に正常化されるべきだとの考えを示した。

 元徴用工や元慰安婦の問題で…

この記事は有料記事です。残り678文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!