蚊に刺されても痛くないのはなぜ?

有料会員記事

[PR]

「蚊に刺されても痛くないのはなぜ?」

栃木県・後藤颯太さん(小6)からの質問

ののちゃんのDo科学

ののちゃんは、朝日新聞に連載されている漫画の主人公で、小学3年生。学級担任の藤原先生を相手に、身の回りの不思議を質問します。聞いてほしい疑問はこちらへ。science@asahi.comメールする

 ののちゃん 蚊に刺されてる! なんで気付かなかったんだろう。

 藤原先生 そうね。ふつうは蚊が飛び去って、刺されたところがかゆくなってから気づくよね。

 のの 注射針で刺されたらチクッとするのに、蚊に刺されても痛くないのはなんでかなあ。

 先生 注射の針と蚊の針の違いはわかる?

 のの 蚊の針は注射針より細い!

 先生 正解。献血やワクチンで使われる主な注射針の太さは、直径1・2ミリ~0・4ミリなの。それに対して、日本に多いアカイエカの口にある針は、太さが0・06ミリくらいで、すごく細いんだ。

 のの へええ。

 先生 細さが大事なの。直径0・035ミリから0・2ミリまで5種類の針に刺されたときに、痛さのストレスを感じるか調べた動物実験があるよ。針の太さが0・095ミリまでは痛さを感じていなかったそう。

 のの なんで細いと痛さを感じないのかな。

 先生 皮膚には痛みを感じる…

この記事は有料会員記事です。残り784文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら