20分だけの結婚式、35年分のありがとう 難病で寝たきりのパパへ

有料会員記事

若松真平
[PR]

 5月28日、神奈川県内のマンションの一室で「結婚式」があった。

 新婦は都内在住の会社員みかんさん(35)。

 難病で寝たきりの父(65)のため、実家で挙げた手作りの式だ。

 プログラムは、新郎新婦入場、誓いの言葉、指輪交換、ケーキ入刀、感謝の手紙、の順。

 9月に控えている本番に近い内容だが、挙式の時間は20分だけ。

 父の体調を考えると、どんなに長くてもそれが限界だった。

    ◇

 列席者は父、母、そして司会とカメラマンを頼んだ姉の3人。

 普段は寝たきりの父も、スーツに着替えさせてもらって車椅子から見守った。

 花束は前夜に、ケーキは近くの不二家で当日に買った。バタバタの中で実現した結婚式だった。

 20分の間に、みかんさんにとって忘れられない瞬間があった。

 誓いの言葉を終えて、司会の姉が「2人は晴れて夫婦となることができました」と言った時のことだ。

記事後半では、忘れられない瞬間のこと、式当日の詳細や実現までの経緯、父との思い出や「感謝の手紙」について書かれています。

 ほとんど体を動かせない父が…

この記事は有料会員記事です。残り2346文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら