破産者の情報を転載、なぜやめない? 運営者の言い分は

有料会員記事

聞き手・市原研吾
[PR]

 「情報が明かされ、ストーカー被害を受けた」「いつ知り合いにバレるんだろう」……。

 官報に載った破産者の情報を転載したデータベースサイトをめぐり、こんな訴えが相次いでいる。

個人情報保護委員会に届いた破産者らの声(一部)「DV被害を受けているので住所が公表されると問題」「詐欺に遭い仕方なく破産した。仕事に差し障りがある」「内定先に知られると就職できなくなる」「震災の影響で個人再生を選んだが、転職先に知られるのは時間の問題。もうおしまいだ」

 事態を重く見た政府の個人情報保護委員会は、このサイトの運営者に停止命令を出した。

 これに対して、運営者側は「納得できない」として命令の取り消しを求めている。東京地裁で6月16日、その裁判の第1回口頭弁論が開かれた。

 破産者情報の転載に対して厳しい批判もある中、なぜそうまでして争うのか。運営者の40代男性は面会した記者に、4時間にわたってその理由を語った。

「15年分のデータ公開、対象は数百万人」

 運営者の男性は、神奈川県で2016年から医療データの分析会社を営む。サイトは同社が20年から運営してきたが、今年からは自らが代表を務める政治団体に代わったとする。個人情報保護法に反対する政治家を支援するため、1月1日に立ち上げて同県選挙管理委員会に届け出た。多くの批判を浴びながら、なぜサイト継続にこだわるのか。

 ――このサイトを始めた理由は。

 返すつもりがないのにお金を借りまくり、弁護士に相談して自己破産する、というようなあくどい破産者がいると思っているからだ。裁判所は聞き取って債権者の名簿を作るが、外されている人もいると聞いている。安易に破産を認めるべきじゃない。一般の人は官報なんて見ないからね。だから、サイトを作って官報情報を転載して公開し始めた。

 ――そんな不誠実な破産者は少ない。仕方なく破産した人の情報がさらされている。

 じゃあ、何で破産者情報を官…

この記事は有料会員記事です。残り3233文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら