性格の違いも出てきたよ 双子パンダ、もうすぐ1歳 上野動物園

東京インサイド

本間ほのみ
[PR]

 上野動物園東京都台東区)で昨年6月に生まれた双子のジャイアントパンダ、オスのシャオシャオとメスのレイレイ。感情豊かなシャオシャオ、要領の良いレイレイと、2頭の個性もはっきりとしてきた。

 23日で1歳となる2頭。園によると、シャオシャオは喜怒哀楽がはっきりしていて、ちょっとした物音に驚くような繊細な面もあるという。レイレイは要領が良く、マイペース。シャオシャオにちょっかいを出されても、サッとかわして、「お姉さん」のよう。

 シンシンの母乳を飲む時にも行動の違いは見られるという。レイレイはシンシンが寝ている時を見計らって母乳を飲む一方、シャオシャオは自分が飲みたい時に突撃する。ただ、シンシンにはねのけられることも多いという。

 2頭の体重は約27キロになった。5月中旬にリンゴを口にして以来、固形物は食べておらず、シンシンの母乳や人工乳を飲んでいる。シャオシャオは屋外にある木の上がお気に入りで、レイレイは最近、好んで室内で過ごしているという。

 園の担当者は「ここまで大きくなって良かった。うれしいです」と話している。(本間ほのみ)

東京インサイド

東京インサイド

東京の気になるニュースや街の話題が満載。あなたの「!」「?」に答えます。[記事一覧へ]