• アピタル

ロボットの指に皮膚があったら…修復可能、しわも再現 東京大が開発

有料会員記事

玉木祥子
[PR]

 傷ついても修復する皮膚をもつ指型ロボットを開発したと、東京大の研究チームが発表した。チームは、質感や見た目、機能が人間に近いロボット「バイオハイブリッドロボット」の研究を進める。この成果は、ロボットだけでなく、よりリアルな義手や義足の開発などにもつながるという。

 これまで、柔らかい素材のシリコーンゴムが使われることが多かったが、見た目のリアルさに欠けるほか、傷つくと補修が必要になる。さらに、内部に熱がこもりやすいといった課題があった。

 竹内昌治教授(機械工学)らのチームは、医薬品の試験などで使われる培養皮膚に着目し、培養皮膚をつくりながらロボットの周囲を覆う手法をとった。

 円柱型の容器内に長さ約5センチ、直径約1センチの指型ロボットを置き、真皮細胞を含んだ溶液を入れ、ロボットの表面に細胞を付けた。その上に表皮細胞を乗せることで、厚さ約1・5ミリの2重の構造を持つ培養皮膚ができたという。

 この培養皮膚は、傷ができて…

この記事は有料会員記事です。残り226文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら