「百万石行列」撮影規制が波紋 栗山千明さんと市長が謝罪した背景は

佐藤美千代
[PR]

 4日に金沢市であった百万石行列をめぐり、「金沢百万石まつり」の実行委員会が、出演俳優の写真撮影やSNSへの投稿を規制したことが波紋を広げている。従来と異なる対応が批判を浴び、出演者もツイッターで釈明する事態になっている。

 実行委は開催直前の5月28日、前田利家公役の竹中直人さんとお松の方役の栗山千明さんについて、観覧者の写真撮影や録画、SNSへの投稿を控えるよう、公式サイトで呼びかけた。当日は行列周辺で関係者がプラカードを掲げるなどして撮影を規制した。これに対し、ネット上などで、「なぜ」「撮影のできるタレントを」といった批判の声が上がった。

 実行委事務局の市観光政策課によると、3年ぶりの開催にあたり、近年はSNSへの投稿などでトラブルが発生していることを考え、対応を決めた。出演者の要請を受けて規制したわけではなく、仲介するキャスティング会社などと相談しながら「実行委として総合的に判断した」と説明している。

 一方、栗山さんは12日、ツイッターに「楽しみにしてくださっていた皆様、誠に申し訳ございませんでした。私が参加し、関係者の方々のご配慮に甘えてしまった事が、皆様のご不満を招く原因だったと思います」などと投稿した。

 村山卓市長は14日、報道陣の取材に応じ、投稿について、「そのような気持ちになられたことが、出演いただいた我々から見ると申し訳ない」と謝罪。「様々な規制が必要かどうか、詳細に決めておくべき話だった」と述べ、今後は写真撮影を前提に出演を依頼するなど、市民に楽しんでもらえる形が望ましいとの考えを示した。(佐藤美千代)