国会オンライン化、まず委員会の視察や勉強会で 衆院議運委で一致

有料会員記事

榧場勇太、中田絢子
[PR]

 オンライン審議の導入をめぐり、衆院の議院運営委員会は14日、委員の視察や勉強会といった正式な審議以外の活動について、試験的に導入できるようにすることを申し合わせた。参考人質疑をオンラインで実施するための法改正も検討する。

 14日の理事会で各党の意見を踏まえた合意文書を取り交わした。オンライン審議の導入に関し、緊急事態に限定して検討することにはおおむね異論が無かったが、緊急事態の定義をどう認定するかなどは「詰めるべき点が多い」として引き続き検討することとした。

 そのうえで当面は、各委員会が視察や勉強会、意見交換会など正式な審議の場以外で、オンラインを活用した会議を試行していくことを推奨。その知見を元に、正式な委員会の場で参考人質疑などにオンラインを導入するための法改正を検討することとした。遠方の有識者をオンラインでつなぎ、意見を聞くことを想定している。

 事務局に対しては、必要な機…

この記事は有料会員記事です。残り281文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    前田直人
    (朝日新聞コンテンツ戦略ディレクター)
    2022年6月14日22時32分 投稿
    【視点】

    「委員会室はほとんど通信環境がない」ということに驚く方は、少なくないと思います。国会の中は、まだ昭和のようです。国会の中を取材して回っていたときは、この古い感じが重厚で良いなどと思っていたところもありますが、コミュニケーション手段の変化には