第1回スマホに残された「大量殺傷」のファイル、男が26人の命を奪うまで

有料記事

山本逸生、甲斐江里子
[PR]

 「生活保護を受けられないでしょうか」

 2017年2月、中年の男が1人、大阪府内の女性のもとを訪れた。人当たりは良く、言葉遣いも丁寧。谷本盛雄容疑者だった。

クリニック放火殺人事件

昨年12月17日午前、大阪市北区の雑居ビル4階のクリニックに男がガソリンをまいて火を付け、患者やスタッフら26人が一酸化炭素中毒で犠牲となった。大阪府警は3月、通院していた谷本盛雄容疑者(当時61)を殺人や現住建造物等放火などの疑いで書類送検した(容疑者死亡で不起訴)。

 谷本容疑者は11年、長男を出刃包丁で切りつけ、殺人未遂罪で懲役4年の実刑判決を受けて服役した。生活相談などに応じる女性のもとを訪れたのは、出所して2年が経ったころだった。

 谷本容疑者は女性に暮らしぶりを説明した。

仕事探しても「前科で断られる」

 唯一の収入源だった持ち家の家賃が途絶えたこと。入居していた賃貸マンションの家賃が払えなくなり、退居したこと。半年ほど前から大阪市浪速区の1日1300円の簡易宿泊所に滞在していること――。

 預貯金は1114円。消費者金融から50万円を借り入れていた。

大阪市のクリニックで26人が犠牲になった殺人事件で、容疑者のスマホには、別事件で服役して出所した後に、孤立と困窮の中で放火に向かう姿が残されていました。事件から半年。容疑者の事件までの日々を追います。

 大阪府警などによると、谷本…

この記事は有料記事です。残り3124文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
  • commentatorHeader
    江川紹子
    (ジャーナリスト・神奈川大学特任教授)
    2022年6月17日11時54分 投稿
    【提案】

     本件は、被疑者が死亡したため、裁判での真相解明ができない。しかし、このような悲惨な事件が起きた原因・動機を明らかにし、社会が共有することは、今後の再発防止のためにも、必要だろう。  今回の記事は、その課題を考えるうえで、とても大事な情報

連載孤立する出所者 クリニック放火殺人から半年(全3回)

この連載の一覧を見る