女性問題で自民離党、説明せず雲隠れ 吉川赳議員に県議団が辞職勧告

有料会員記事自民

山崎琢也、菅尾保、中村純、床並浩一
[PR]

 【静岡】18歳女性に飲酒を勧めたり、現金を渡したりしたと報じられ、自民党を離党した吉川赳衆院議員(40)=比例東海ブロック=。説明を求める声が高まるが、これまでに応じる構えはない。参院選を目前に控え、雲隠れを続ける姿勢に「身内」からも辞職を突きつけられた。(山崎琢也、菅尾保、中村純、床並浩一)

 14日、自民党県連は、急きょ、役員会と県議団の議員総会を開いた。説明責任を果たすよう重ねて呼びかける岸田文雄首相に対し、一向に応える様子を見せない吉川氏に批判が続出した。参院選の公示が近づいていることもあり、影響を心配する出席者からは即時辞職を求める意見が相次ぎ、県議団は全会一致で辞職勧告を決めた。

 問題発覚後、県連は対応に追われた。党が静岡選挙区に擁立する立候補予定者(50)とツーショットで写った「2連ポスター」をはがすことを決め、本人と連絡が取れないなか、支部を中心に関係者が各所を駆けずり回った。

 元環境相の細野豪志衆院議員…

この記事は有料会員記事です。残り907文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら