• アピタル

切れた血管どうやってつながる? メカニズム解明、がん治療にも期待

有料会員記事

石川雅彦
[PR]

 切れた血管が修復されるメカニズムを、日本医科大学宮崎大学の研究グループが新たに発見した。血管は上流側(心臓側)からは伸びず、下流側からだけ伸びてつながることが明らかになった。心臓の病気やがんなどの治療に応用できる可能性があるという。

 解明したのは、日本医科大学の弓削進弥助教(病態解析学)、福原茂朋教授(同)と、宮崎大学医学部の西山功一教授(血管動態生化学)らの研究グループ。

 福原教授らは、ゼブラフィッシュという魚の血管を切断し、つながっていく過程を「蛍光イメージング」という手法を使ってリアルタイムで観察した。すると、従来は両方向から伸びるとされていた血管が、下流側からだけ伸びた。

 さらに西山教授らは独自の方…

この記事は有料会員記事です。残り427文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら