破産者DBサイトまた出現、苦情400件 停止命令に運営者反発

有料会員記事

市原研吾
[PR]

 破産者について、名前や住所を含む情報を検索できるデータベースサイトが相次いで現れている。

 いずれも、政府が毎日発行する「官報」に載せている破産者情報をまとめたもの。政府の個人情報保護委員会は、破産者本人の同意なしに官報情報を無断転載して公開することを個人情報保護法違反と判断。委員会は見つけしだい、閉鎖を指導したり命じたりしてきた。しかし2019年以降、閉鎖の確認と類似サイトの開設のいたちごっこが続く。「やっと消えたのに」「またか」……。破産者の訴えが相次いでいる。

 関係者によると、問題のサイトは「破産者情報通知サービス(旧破産者情報提供サービス)」で、20年9月に開設された。このサイトの運営者は、停止命令の取り消しを求めて法廷で争っている。

個人情報保護委員会には、どんな苦情や相談が寄せられているのでしょうか。記事の後半で紹介します。

 委員会の命令を受けて、運営…

この記事は有料会員記事です。残り1073文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら