• アピタル

「サル痘」巡りWHOが緊急委員会を招集へ ウイルスの拡散「異常」

有料会員記事

植松佳香
[PR]

 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は14日、天然痘に似た感染症「サル痘」について、専門家による緊急委員会を23日に招集することを決めたと発表した。AP通信などが報じた。委員会では、サル痘が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」にあたるかどうか検討する。

 緊急事態の宣言に至れば、2020年1月に宣言された新型コロナウイルス以来となる。テドロス氏は招集の理由について「ウイルスがアフリカ地域以外でも広がり、『異常さ』を見せている」と説明した。

 緊急事態は、感染が国境を越えて広がり、拡大防止に国際的な緊急の対応が必要な場合に、専門家委の協議を経て、WHOの事務局長が宣言する。

 テドロス氏によると、サル痘…

この記事は有料会員記事です。残り213文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら