自由でいい、負けてもいい…BTS、迷いの吐露に見えた「らしさ」

有料会員記事

定塚遼
[PR]

 韓国出身の7人組グループ・BTSがメンバー個人の活動を本格化させる。ユーチューブの公式チャンネルを通じて、メンバーが自ら語った。決断の裏に何があるのか――。BTSの功績を振り返りながら、考える。

 2013年に韓国でデビューしたBTSは、韓国のアーティストとして初めて米ビルボードのシングルチャートで1位を記録するなど、「K―POP」という枠組みを超えて、世界のエンターテインメント界で大きな影響力を持つようになった。

 「疲れ果てた」「なんとなくラップマシーンになるのが仕事になってしまった」――。

 ユーチューブ上では、リーダー・RMを中心に、率直に心情を吐露するメンバーの姿があった。

 BTSが世界中の人々を引き付けてきた大きな魅力の一つは、このように飾らず、弱さや葛藤をさらけだす歌詞と言動にある。

 RMなど、メンバーも作詞陣…

この記事は有料会員記事です。残り1880文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    北郷美由紀
    (朝日新聞編集委員=SDGs)
    2022年6月15日23時51分 投稿
    【視点】

    昨年9月の国連総会での演説を聞いてから、にわかファンです(アーミーには未達)。 「若者は変化を受け止めて前に進む力がある」と訴え、コロナ禍で様々な機会を失ったロスト・ジェネレーションではなく、ウェルカム・ジェネレーションだと述べたことがと