原発の再稼働、同意したが… 島根県知事「積極的な意義見いだせず」

有料会員記事

岩沢志気
[PR]

 中国電力島根原発2号機(松江市)の再稼働に同意した島根県の丸山達也知事が15日、萩生田光一経済産業相と省内で会談した。丸山氏は「苦渋の決断だった」としたうえで、再稼働について地元自治体の意向が反映される具体的な仕組みづくりや、原子力災害が起きた際に避難に使う道路の整備などを要望した。

 萩生田氏は「現下のウクライナ情勢や燃料価格の上昇などを踏まえ、エネルギーの安定供給の確保に向け、原子力を含めあらゆる選択肢を追求していくことが重要だ」として、再稼働に理解を求めた。そのうえで、「道路整備を含む原子力防災対策は、地域の安全、安心のために重要。経産省として国土交通省内閣府と連携しながら対策の充実強化に取り組む」と話した。

 丸山氏は会談後、記者団の取材に応じた。再稼働の意義について問われると「私としては現状においてはやむを得ないと考えている。積極的な意義を見いだしているということではない」と語った。「重大事故のリスクがゼロになっているわけじゃない。不安、懸念をもたれている県民がいる」とも述べた。

 また、地元の意向を反映させ…

この記事は有料会員記事です。残り192文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら