ECサイト上の食品、どう表示? 消費者庁が事業者向けガイドブック

有料会員記事

寺田実穂子
[PR]

 EC(電子商取引)サイトを通じて食品を買う場面が増えていることを受けて、どのように食品表示を掲載するのが望ましいのか検討してきた消費者庁は15日、事業者向けのガイドブックを公表した。容器包装に適用されている「食品表示基準」に準ずることを基本としつつ、ECサイトの特性を踏まえて基準とは異なる掲載方法を提示している。

 食品に必ず表示しなければならない項目や表示の方法を定めた食品表示基準は容器包装のみが対象で、ECサイトは現在ルールがない。このため消費者庁は、どのような食品表示の情報を、どのような形で消費者に提供すればいいのかを整理し、考え方をまとめたガイドブックを作った。

 例えば、消費・賞味期限は、ECサイトでは異なる製造ロットが混じるため、具体的な年月日を表示することが難しい場合が想定される。そこで、「到着(発送)日から○日」として期限までの残りの日数を表示する方法や、「賞味期間:冷凍2カ月」として賞味期限までの期間を表示する方法などを示した。

 アレルギー表示は、サイト上…

この記事は有料会員記事です。残り410文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら