高騰続いてバブル超え、マンション価格はどうなる 三井不動産に聞く

有料会員記事

聞き手・高橋豪
[PR]

 都心のマンション価格が上がり続けています。不動産経済研究所によると、2021年度に売り出された首都圏の新築分譲マンションの平均価格は6360万円で過去最高に。今後もマンション市場は高騰が続くのでしょうか。三井不動産の富樫烈・常務執行役員に聞きました。

 ――マンション価格は「バブル超え」と言われています。

 「住宅ローンの金利はバブル期と違って非常に低いです。共働き世帯が増えていることと合わせると、平均的な世帯の購買力はバブル期を大きく上回っています。今は都心も郊外もまんべんなく売れていて、好調が続いています」

 ――どのような人が買っているのでしょうか。

 「都心購入層のキーワードの…

この記事は有料会員記事です。残り1338文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら