第4回旗印は「自民をピリッとさせる」 野党と戦う野党・維新、向かう先は

有料記事参院選2022維新立憲

横山翼 新谷千布美
[PR]

 汗ばむ陽気の東京・新宿駅前で、国会会期末を3日後に控えた6月12日、日本維新の会吉村洋文副代表(大阪府知事)がマイクを握って演説に立った。

 「自民党が強すぎるから、野党や国民をなめてるんです」

連載 野党サバイバル 巨大与党との向き合い方

野党が変容しています。迫る参院選での生き残りをかけ、政権と対決する党、融和する党、野党と戦う野党も存在感を増しています。いまの実像に迫り、野党の役割は何か考えます。

 国会議員に月100万円支給される調査研究広報滞在費(旧文書通信交通滞在費)の使途公開へ前進がみられない状況に自民批判を始めたかと思えば、「立憲民主党もひどい。内閣不信任案とか格好つけてるんだけど茶番劇。国会でパフォーマンスするのが野党第1党だから、自民党がびびるわけありません」。

 そして「自民党が本気でびび…

この記事は有料記事です。残り1556文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント
参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]

連載野党サバイバル 巨大与党との向き合い方(全20回)

この連載の一覧を見る