第3回「日本の防衛力、大丈夫か」連呼した公明山口氏 政権ブレーキ役変化

有料記事参院選2022公明

小野太郎
[PR]

 平和憲法の重要性を繰り返し訴えている山口那津男代表(69)がこの夏、これまでになく防衛力の強化を強調している。「平和」を看板とする公明党にも転機が訪れている。

 参院選の公示日まで10日に迫った6月12日。強い日差しが照りつけるなか、山口氏は神戸市内の駅前に立った。北朝鮮ミサイル発射などに触れ、こう連呼した。

 「軍事力の差が大きく開くと、圧力が加わる。日本の安全保障は大丈夫か! 日本の防衛力はいまのままで大丈夫か! しっかり点検をして、強化していかなければなりません」

 山口氏は、公明党が支持者向けに発行する機関紙「公明新聞」の6月2日の1面でも、安保政策について「前向き、積極的に対応する」と語っていた。山口氏から相次いで発せられる積極論に、ベテランの党関係者は驚いた。「ベクトル(方向)が変わった」

 安全保障を支える両輪の「防…

この記事は有料記事です。残り1771文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
  • commentatorHeader
    藤田直央
    (朝日新聞編集委員=政治、外交、憲法)
    2022年6月25日7時11分 投稿
    【視点】

     公明党が自民党と連立政権を組んだのは、私が政治記者の駆け出しだった1999年。それはブレーキ役を果たすためではありませんでした。98年の参院選大敗北で政権運営に苦しむ自民党に頼まれ、参院で与党が過半数を保つためです。  もちろん公明党に

参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]