家族になりたいと願う2人 婚姻届不受理の日、職員がかけた言葉は

有料記事

松浦祥子
[PR]

 同性カップルを、結婚に準じる関係と証明する――。

 そんな「パートナーシップ制度」が、全国で初めて東京都渋谷区で導入された2015年。約570キロ離れた四国のある市役所のホームページに、1通の投書が寄せられた。

 「三豊市では導入しないのですか」

 香川県西部、瀬戸内海に面する人口約6万人の三豊市。

 担当部署は「まだ情報も少なく、他の自治体や国の動向を注視したい」と回答した。ただ、担当した職員は「ちゃんと返答できなかった」と悔やんでいた。投書を印刷し、「いつか実現したい」とファイルに挟み込んだ。

 4年後の19年2月。

 この職員は市民課長になって…

この記事は有料記事です。残り1268文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!
  • commentatorHeader
    井本直歩子
    (元競泳五輪代表・国連職員)
    2022年6月18日0時32分 投稿
    【視点】

    温かい記事。一般の日本人はややこしい問題に首を突っ込みたくないような人も多いようなので、こういう記事は歓迎されると思う。20日の裁判の判決前に多くの人に読んでもらいたい。 先日、ついに東京都のパートナーシップ制度も制定された。記事にもある