学校のお便りはまるで謎解き、埋もれる情報 「昭和で止まってる」

有料会員記事

片田貴也
[PR]

 学校から保護者に配られるプリントがあまりに多く、まるで「プリント地獄」のよう――。そんな声を紹介した記事に、多くの反響が寄せられました。

 どうやら、問題は「量の多さ」だけではないようです。届いた声からは、ほしい情報がバラバラの紙に書かれており、情報収集だけでも一苦労の実態が見えてきました。

 分かりにくさを改善する策はないのか。学校側の実情は。取材しました。

ママ友に問い合わせ、ようやく判明

 「あれは、どこに書いてあるの?」

 小学3年の長男が横浜市立の小学校に通う女性(47)は、学校からのお便りの分かりにくさに頭を悩ませる。

 新学期目前の4月はじめごろ。まず、「いつから登校すればいいのか」でつまずいた。

 「結局、始業式って何日なのかな。これって学校便りには書いてなかったよね?」

 同じ学校に通う子を持つ「ママ友」4人のグループラインに投稿した。

 「クラス便りの裏に書いてあったよ」。数分後にこう返ってきた。

 「裏か、見逃してたわ」とつぶやいた。

 こうしたグループラインでの情報共有は必須だ。お便りは週に15枚ほど。量も多いが、必要な情報がバラバラの紙に書かれていて一元化されておらず、見つけにくいと感じる。

 保護者として特に知りたいのは、持ち物や時間や場所、提出書類の締め切り日などだ。だが、それがどこに書いてあるのか探すのに一苦労だ。

記事の後半では、分かりにくいお便りになる学校側の事情や専門家の改善のためのアイディアを紹介します。

 「大量のプリントから答えを…

この記事は有料会員記事です。残り1654文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    仲村和代
    (朝日新聞デジタル機動報道部次長)
    2022年6月17日11時8分 投稿
    【視点】

     冒頭の「新学期、いつ登校すればいいのか?」というエピソード、私も今年4月に全く同じ体験をしました。学校から大量のプリントが配られるのですが、肝心の「いつ、何をすればいいのか」がわからない。いろんなプリントを見て、ようやくほしい情報にたどり

ハグスタ

ハグスタ

HUG STA(ハグスタ)は、子育て世代に開いたニューススタンドです。[記事一覧へ]