普通に「ママアスリート」じゃダメなの? 苦労の強調に覚えた違和感

有料会員記事

忠鉢信一
[PR]

 2度目の五輪となる2008年北京大会での出来事だった。射撃女子クレー・トラップで4位になった中山由起枝さん(43歳、日立建機)は、小学1年だった娘の芽生(めい)さんとこんなやりとりをした。「4年後も目指していい?」と聞くと「ロンドン終わったら、やめてね」。泣きながらそう答えた娘を、中山さんは抱きしめた。カメラが、その様子を日本へ伝えた。

 五輪初出場だった00年シドニーの後、結婚。01年に芽生さんを産んだ。「普通に競技をやめました。当時はそれが当たり前だったので、続けるかどうかを考えることもなかった」

 芽生さんが1歳のころ離婚し、約2年ぶりに競技へ復帰した。「働かないと収入がない。私にできる仕事は射撃だった」。海外遠征などでは娘を父母に預けた。別れ際、娘はよく泣きじゃくった。

 北京五輪では、柔道女子で3連覇を目指した谷亮子さんが「ママになっても金」と言ったのが話題になった。陸上長距離の赤羽有紀子さんも「ママさんランナー」と注目された。

 「ママアスリートやママさん…

この記事は有料会員記事です。残り992文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

Think Gender

Think Gender

男女格差が先進7カ国で最下位の日本。生きにくさを感じているのは、女性だけではありません。だれもが「ありのままの自分」で生きられる社会をめざして。ジェンダーについて、一緒に考えませんか。[記事一覧へ]