東大卒から2回のリストラ…収入10分の1の仕事で気づいた価値とは

有料記事

江戸川夏樹
[PR]

 東京都心にそびえ立つ六本木ヒルズ。世界的に著名な外資系の金融機関やIT企業が入居する超高層のこのビルの一室で、上司に呼び出された。

 「きょう、荷物をまとめて出ていって」

 言われるがまま、デスクや資料を片付け始めた。

 東大を卒業してから9年間、土日も関係なく働き続けたのに、同僚との別れを惜しむ間もない。

 むしろ、「早くして」とせかされた。

 最低限の荷物をまとめ、オフィスを後にした。

 残りの荷物は郵送で届いた。

 井出有希さん(44)にとって、1回目のリストラ

 「ドラマみたいなこと、本当にあるんだ」

 いま、そう振り返る。

 3人姉妹の長女として、高知県で生まれ、東京都で育った。

 母は結婚を機に、日本航空のフライトアテンダントを退職。そんな母から、いつも言われた。

 「あなたたちが大人になるときには、結婚しても、子どもがいても、仕事を続けられるような時代になるのよ」

 食卓には季節のメニューが並び、天ぷらはいつも揚げたてだった。

 母はこうも言った。

 「お料理のお手伝いもいいけれど、勉強もしましょうね」

 自立して、バリバリと働く。井出さんはその道をめざし、歩んでいく。

 現役で東大に合格。経済を俯瞰(ふかん)できる仕事につきたいと、日本の大手銀行や商社を中心に就職活動した。

 面接で、何度も聞かれた。

 「結婚したらどうするの?」「子どもができたら?」

「とんでもない会社に入った」

 だが、米国の証券大手、ゴー…

この記事は有料記事です。残り2335文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!