ウォシュレットのTOTO 商品リニューアルは「デザインに注力」

有料会員記事

聞き手・座小田英史
[PR]

 衛生陶器のTOTO(北九州市)は8月、トイレや台所、風呂などの水回り商品を12年ぶりにいっせいにリニューアルします。清田徳明社長(60)は、訪日外国人客インバウンド)の復活がトイレ市場の追い風になると期待しています。

――ウォシュレットの「ネオレスト」シリーズなどの新商品が順次発売されます。便座裏を自動的に洗浄する機能などが搭載されています。

 「もともとコロナが始まった時から、お客様の意識や生活様式が変わってくると考えていました。実際に衛生意識が高まるなか、在宅勤務などで家での時間が長くなっています。その変化に応える機能・デザインを備えた新商品を2022年夏に出していこうと、20年から準備を進めていました。厳しい就業環境でも開発の手は緩めていませんでした。新製品では特にデザインに力を入れています。TOTOではこの5年で国際的に権威のあるデザイン賞を36製品で受賞しています」

――新商品の投入効果もあって…

この記事は有料会員記事です。残り428文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら