第10回「夜のバーで物事決める」男性議員 政界で女性が生き延びるためには

有料会員記事参院選2022

編集委員・秋山訓子
[PR]

 女性の国会議員が少ない日本。昨年の衆院選では、女性の当選者が前々回よりも減りました。対照的に米国では今、下院の女性比率は過去最高となっています。米国の上下院議員が超党派でつくる「米議会日本研究グループ」の共同議長で、この5月にも来日するなど日本の事情にも詳しいダイアナ・デゲット米下院議員(64)=民主党=に、なぜ米国で女性議員が増えたのか、その理由や意義を聞きました。

 ――米下院は今、女性議員の比率が約27%と史上最高だそうですね。なぜそんなに高いのでしょうか。

 「いくつかの理由がありますが、一つには、トランプ前大統領への危機感があると思います。彼の行動を見て、多くの女性がこのままでは民主主義が危うい、なんとかしなければいけないと立ち上がり、立候補を決めたのです。また、トランプ氏の振る舞いを見た有権者も男性に任せるよりも女性が政治を担ったほうが信頼できる、と思ったのかもしれません。有権者たちは自分たちに、(当時の)トランプ政権を変えるための力があると自覚したのではないでしょうか。また、政党もこの15~20年ほど、女性議員を増やすための努力をしてきました」

 ――女性比率が最高となった前回2020年の選挙はコロナ禍のまっただ中でした。

 「パンデミックは女性に、よ…

この記事は有料会員記事です。残り1138文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

参院選2022

参院選2022

ニュースや連載、候補者の政策への考え方など選挙情報を多角的にお伝えします。[記事一覧へ]

連載問われる民意2022(全17回)

この連載の一覧を見る