TSMC熊本工場に補助金4760億円 従業員1200人を地元採用

有料会員記事

若井琢水
[PR]

 経済産業省は17日、世界的半導体メーカーの台湾積体電路製造(TSMC)とソニーグループ、自動車部品大手のデンソー熊本県につくる工場の計画を認めた。総投資額86億ドル(約1.1兆円)のうち、政府が最大4760億円の補助金を出す。

 4月に着工しており、2024年12月の生産開始を見込む。補助金は経産省が半導体工場の立地支援のためにつくった6170億円の基金の7割超を占める。

 計画によると工場の従業員1700人のうち1200人を地元で採用する。半導体につかう部材などは50%以上を国内企業から購入することをめざす。補助金の条件として品不足になったときの増産や、10年以上の稼働を求める。

 生産するのは10~20ナノ…

この記事は有料会員記事です。残り133文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら