首相の工場訪問 トヨタが脱炭素の現場アピール 車業界、政権と連携

有料会員記事

近藤郷平
[PR]

 トヨタ自動車豊田章男社長は日本自動車工業会の会長として、自動車部品工業会の有馬浩二会長(デンソー社長)らとともに岸田文雄首相を出迎えた。業界は電気自動車(EV)をはじめとした脱炭素社会に向けた対応が喫緊の課題となっている。対応を誤れば企業の競争力や雇用を脅かしかねず、政権の理解や政策面での協調が欠かせない。

 豊田会長はEVや水素で走る燃料電池車(FCV)、ハイブリッド車などをつくる主力の元町工場(愛知県豊田市)で、製造工程を首相に案内。脱炭素社会に向けて繰り返し訴えている、「多様な選択肢」に向けて動く、現場の姿をアピールした。

 懇談では、豊田会長が「世の中が変動するなか、変動に追随していくのが一番の生き残りになる。(自動車産業)550万人の生活がかかっており、ご理解と共感をいただき、頼っていただきたい」と投げかけた。岸田首相も「雇用を支える国の基幹産業。自動車産業にしっかりとリードしていただき、未来にかけて官民協力して、大胆な投資を実現していかなければならない」などと応じた。

 自動車業界の脱炭素をめぐる…

この記事は有料会員記事です。残り622文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら